Flirtgirl

かもかてSSを書いてます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11to1

タイトルに特に意味はない。

この間、嫉妬見てから色々思うところがあったので、ヴァイルの嫉妬を見て印象に残ったのをつらつらと書いてます。ネタバレしているのでご注意。


やっぱり前も書いたけどvsティントアかなー。最後に「ごめん」って謝ってるのは、ほとんどのキャラで共通してる。それは恐らく「レハトの気持ちを無視してごめん」か、「レハトの好きな人を貶してごめん」だと思う。
でも、ティントアの場合は王城と敵対関係? にある神殿に取られるのが嫌だし、かといって無理に留めて嫌われたくもないからの「ごめんなさい」だと思う。嫉妬を見てると「ごめんなさい」って言っているのがvsティントアだけだしね。「ごめん」は気軽さがあるけど「ごめんなさい」になると途端にいじらしくなる。

後、ヴァイルは基本的に何かしら理由をつけて他キャラからレハトを遠ざけようとしてるよね。モゼーラとかグレオニーとか諸々。それはやっぱり次期国王という確立した権力があるからか。『ランテの傲慢』でも「ランテ家だけで渡り合える権力を持っている」ってユリリエが言ってたから、当主&国王になったらその権力は最強でしょうしね。ユリリエの「自分達は選ぶ側であり選んでほしいとお願いする立場ではない」っていう台詞が納得いく。ヴァイルは生まれながらの王様ですもんね。王になる人がほいほい人にお願いする立場じゃ隙だらけかもしれないし。

でも、初めて好きな人が出来て、その人が別の人の所に行くとなった時は、やっぱり自分を選んでほしいと思……いや、やっぱり違うかも。ヴァイルは本当に自分が選ぶ側だと思っているのかもしれない。だからこそ、レハトが他人を選ぶのは納得いかないから、他人を貶して自分の方が良いよってアピールするしかないのかも。

そう思うと最後の日にプロポーズしてくるのは「レハトに選んでほしい」と思ったから? いやいや、違うか。あれは完全に選ぶ方だ。「結婚してほしい」っていう台詞も、考えれば考えるほど「一番側にいても良い存在として選んでほしい」か「俺がレハトを選んだからレハトも俺を選んでほしい」ってなるかのどっちか。確認するため? 分からん。


でも、嫉妬イベのティントアが何故ヴァイルの存在に気付かなかったのかが謎。ティントアはルージョンとレハト以外には無関心だからと言っても、せめて気付いてあげて……! そこが嫉妬イベで少し笑ったところ。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

真織

Author:真織
サイト名の通り、色んなキャラに浮気しまくってます。基本SS(と呼んでいいか分からない文)書いて満足してます。矛盾・誤字などがありましたら報告して下さると嬉しいです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。