FC2ブログ

Flirtgirl

かもかてSSを書いてます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

odi et amo,

[前提]ヴァイル憎悪verB(愛情反転)
[設定]女/監禁 一人称『私』
[補足]特になし







 決闘に負けた私は籠りを終えた後、すぐに城の一角にある塔へ閉じ込められた。部屋は今まで暮らしていた部屋よりかは幾分広かったが、外に出る機会はほとんどない。何せ、次期国王直々のお達しなのだ。当然だ。
 それでも彼の噂は色んな所から入ってくる。そのほとんどが彼の功績を讃えるもので、その噂を聞くたびに、それは私のものになるはずだったのに、と思わずにはいられない。どうして、私は決闘を受けてしまったのか。あんな奴……どうでも良い、はずなのに。彼がどうなろうと私には関係ないと思っているのに。そう思いながら一日中、塔に閉じ込められていた。
 ある日の夜、珍しく侍従らが騒がしくしていた。何かあったのか、と聞くと、気まずそうに「ヴァイル様が今夜、こちらにお越しになられる」と言った。彼が来るなんて……何か思惑があるのだろうか。正直、私は彼に会いたくはない。仕方なしに、いつもよりも早く就寝に着く。寝ていれば、彼と顔を合わせることもないだろうと思ったのだ。
 真っ暗な部屋の中、枕元にある蝋燭が辺りを照らす。寝ようとした時、不意に扉が開いた。 

「レハトー、起きてる?」

 その声に思わずびくりと肩が跳ねる。その時に起きた音のせいで、私が起きていると確信したのだろう、ヴァイルはこちらに近寄り、思いっきり布団を剥いだ。

「起きてるじゃん。びっくりしたー。……何、俺に会いたくないから狸寝入り?」

 憎らしく思える笑みを浮かべ、彼はそう言ったのに対し、私は素直に頷いた。彼だって私を憎んでいるくせに、どうして会いにこようとしたのか理解できない。私は真っ向から彼を睨み付けると、彼もまた、私を睨み付けてきた。

「……アンタさ、こういう立場になったんだから、少しは媚とか売ろうとか思わないわけ? 一応、身なりも整ってるんだから媚を売れば、多少なりとも自由になれるとか考えないの? ……ああ、それとも何。ただの馬鹿なの?」

 嫌味ったらしくそう言う彼の姿に、タナッセの面影がちらつく。タナッセも今の彼のように人を小馬鹿にしていたのを思い出した。まぁ、今となってはどうでも良い人物だが。
 無言を貫き通していると、彼は呆れたように溜息を吐いた。そして、ベッドに乗り込んで、私の体に馬乗りになり、子供の時よりも大きくなったその掌で私の両腕を押さえつけた。この状況で何をされるかなんて、薄々は気が付いている。

「……抵抗しないの」

 したところで意味を成さないだろう。そもそも、私は女で彼は男なのだ。未分化の時のように力で彼を負かすことなんて出来ない。私は抵抗するのをやめ、そっと目を閉じる。暫く二人の息の音だけ聞こえていると、そっと唇に何か柔らかいものが重ねられるのが分かった。正直、おぞましくて堪らなかったが、触れるだけのそれに少しだけ愛おしくも感じたのは、かつての愛情がまだ残っているからだろうか。
 唇が離れると、再度唇が重ねられる。さっきのような優しいものではなく、まるでむさぼるかのようなものだった。息継ぎもなく、ただ利己的に行われるそれに、激しく嫌悪感が湧きあがり、侵入してきた彼の舌を噛んでしまった。一瞬、彼の動きが止まったが、またそれは繰り返される。ようやく、それが終わった時には、私の口はだらしなく開き、酸素を補給していた。
 彼は、私の目と鼻の先まで顔を近づけると、震える声で告げた。

「……傍にいて、ずっと俺の傍にいて。レハトだけで良い、憎んでても良い。お願い、だから、俺の傍にいて。もう、独りは嫌だ……」

 彼の目から涙が零れ落ち、私の頬を濡らす。彼の泣いている顔が、灯りに照らされてよく分かる。泣き顔なんて見たのは初めてかもしれない。

「私は――」

 その言葉に応えようとすると、彼はまるで聞きたくないと言わんばかりに口を塞いだ。


―――――――――――――
タイトルは『odi et amo, quare id faciam, fortasse requiris, nescio, sed fieri sentio et excrucior. 』。ラテン語の名言で『憎みながら、愛す。なぜそうするのか君は尋ねるかもしれない。自分でも分からない。しかし、そうなる事を感じて苦しんでいる』の意。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

真織

Author:真織
サイト名の通り、色んなキャラに浮気しまくってます。基本SS(と呼んでいいか分からない文)書いて満足してます。矛盾・誤字などがありましたら報告して下さると嬉しいです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。